デイ・ウォーカー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオカード 覚え書き

ランクによる性能の比較
GeForce8/7/6の性能ランク
8800Ultra>8800GTX・8800GTS(512MB)>8800GT>9600GT>8800GTS(320MB/640MB)|7950GX2>7900GTX>7950GT>7800GTX 512>7800GTX>7900GT>8600GTS>7900GS>7800GT>8600GT>7600GT(>6800Ultra?)>7800GS>6800GT>8500GT・7600GS>6800GS>6800>6600GT>8400GS>6600GS>6600>7300GS>6500>6200>6200TC

RADEON HD/Xの性能ランク
 HD3870X2>HD3870・HD2900XT>HD3850>X1950XTX>X1900XTX>X1900XT>X1900Pro>HD3650・HD 2600XT>(X1800XT?)>X1650XT> (X1800XL?)>HD 2600Pro>X850 XT>X1600 XT>X1600 Pro>(X700?)>HD 2400Pro>X1300>X550>X300

RADEON / GeForceの性能ランク
8800GTX>8800GT>HD3870・HD2900XT>8600GT・HD2600XT(GDDR4/OC)>HD2600XT>8500GT>HD2400XT>8400GS>HD2400Pro
RADEON / GeForceの消費電力
HD2900XT>X1950XT>8800GTX≒X1950Pro>HD3870≒8800GT>HD2600XT≒8600GTS>8600GT

注意すべきことは、同じランクのビデオカードでも、コアの高クロック版・低クロック版・VRAMの違いなどにより性能が変わることがあります。しかし、基本的にはランクを超えるほどの性能差にはなりません。
最上位のビデオカードは消費電力がどても大きくなっています。しかし、古い世代と比べると下位のモデルは消費電力がほとんど変わらず性能が格段に向上しています。6600GTと7600GTを比べた場合、性能が2倍近く向上しながらも若干消費電力が少なくなっており、7600GTと8600GTではDirectX9からX10対応になったものの、性能はほぼ同じで消費電力もほぼ同等です。下位モデルであれば、消費電力増大を気にすることなく交換することができます。

XTXやGSって何?
GeForceではUltra>GTX>GTS>GT>GS、RadeonではXTX>XT>Proといったように、ランクが存在します。機能的には同じでも、価格帯を埋め合わせるために性能を低くして製造されています。
GTXやXTXは技術を駆使してその時点での高い性能を追求したものになり、GSでは安さを重視して作られたものになります。GTやProが価格と性能のバランスが良く、そのシリーズでのメインとなる普及モデルとなります。Ultraは無理して背伸びをしているためあまり登場することはなく、安定して供給できるのがGT、安くするために性能を抑えたものがGSとも言えます。

そのため、GeForceならば、8800Ultra>8800GTX>8800GTS>8600GTS>8600GT>8500GTという性能順になります。そして、新発売時の価格で8600GTは7600GT相当になります。この時性能は8600GTは7600GTと同等以上となります。下位シリーズと比較するときは同じランクのもので比較するのがポイントです。
8800GTのように、製造技術の向上により、価格の安いモデルが上位の製品よりも性能が高くなる場合があります。最先端の技術で作られるPCパーツでは、時折このような現象が起こります。そのため、最新情報を知っているとお得です。
RadeonではHD3800シリーズよりXTやProの表記が下2桁の数字に置き換わります(HD3800XT→HD3870、HD3800Pro→HD3850)。これにより、同シリーズ内での位置づけが分かり易くなりました。上位シリーズの下位ランクが下位シリーズの上位ランクよりも性能が低い(HD3850はHD2900XTよりも性能が低い)ことにはこれまで通り注意が必要です。

解像度と性能
解像度が高いほど映像のために多くの情報を扱う必要があります。SXGA(1280x1024)では約130万画素にお相当しますが、フルハイビジョンのWSXGA(1920x1200)では約230万画素の情報に相当します。
静止画像では影響しませんが、リアルタイムで処理して映像を作り出す場合は表示速度に大きく影響します。そのため、解像度の低い4:3モニターではミドルレンジのビデオカードで問題なくても、解像度の高いワイドモニターではハイエンドのビデオカードが推奨されます。ゲームがワイド表示に対応していない場合は、4:3モニターと同じだけの情報量になる(アスペクト比固定表示の場合は左右に空白が生まれる)ので、性能面では変わりません。
性能不足を感じるときは、ゲーム設定では解像度を落とすことで処理能力不足が解消され、処理が速くなります。モニターの解像度に対して低い解像度でのフルスクリーン表示では映像が荒くなります。ウインドーモードではドット・バイ・ドットで表示されるため、解像度の違いは映像の荒さが変わらずに大きさが小さく表示されます。
解像度を変更するとアイコン等が小さくなりますが、これはアイコン等の解像度が固定されているためです。低い解像度では拡大表示になるので大きくなってしまいますが、ウインドーモードでは常に同じ大きさになります。背景やキャラクター等は解像度に合わせて作り替えられるので、解像度が高いほど精細で滑らかに表示されます。
スポンサーサイト
ご来場者総数

現在のご来場者数

現在の閲覧者数:
無料カウンター

キャラ紹介

リオンクール

キャラ名:リオンクール
サーバー:ニルヴァーナ
職 業 :STR型ファイター
現在レベル:204
所属ギルド:なし(放浪中)
--------------------------
キャラ名:妄想への先導者
サーバー:ニルヴァーナ
職 業 :VIT多め型ファイター
現在レベル:201
所属ギルド:ウィスタリア
--------------------------
キャラ名:リオプリ
サーバー:ニルヴァーナ
職 業 :プリースト
現在レベル:202
所属ギルド:ウィスタリア
--------------------------

今月の更新履歴

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク集
 

Copyright © 2010 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2010 Ndoors Corporation All Rights Reserved.

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。